メガブロックとレゴデュプロの相乗効果がすごい!驚きの組み合わせを紹介

想像以上にメガブロックとレゴデュプロの相性が良くて大人も子供も大興奮だったので、商品のレビューとおすすめの遊び方も含めて、みなさんに何がすごいのかをシェアさせて頂きたいと思います!

基本情報

メガブロック(MEGABLOKS)

メガブロックは米国のFisher-Price社が製造している赤ちゃん~子ども用のブロックで、対象年齢は1~5歳とされています。

特徴としては、以下の通りです。

  • ブロックが赤ちゃんの口に入らない入らない程度の大きさに設定
  • ブロックのつけ外しが簡単(握力が小さい赤ちゃん1歳児でも取り外し可能)
  • レゴと比べると少し柔らかいプラスチック素材を使用

メガブロックのオリジナルのシリーズとしては、①ビルディングベーシック②ストーリーテリングで、例えば以下のような製品があります。

①ビルディングベーシック

②ストーリーテリング

レゴや他のブロックと比べると、比較的低下価格です。上述のとおりブロックをつけ外しする時に握力があまり必要ないので、1歳6ヵ月くらいいなると付けたり外したりができるようになってきます。

ちなみに、私は”わくわくサファリ・デラックスセット”を1歳の誕生日の時に買いました!蓋の部分が土台になっているので、とても簡単にブロックを組み上げることができるので、5分もあればこんな感じのものができます。

他にも、メガブロックは他のメーカーと色々とコラボしていて、例えばトイザらスにいくと、トーマスシリーズのメガブロックセットが沢山陳列されています。

レゴデュプロ(LEGO DUPLO)

レゴ社が製造するプラスチックブロックの一つで、通所のレゴブロックと比較すると長さ、高さ、幅が2倍になっています。対象年齢は、1歳半~5歳とされていて、メガブロックと同様に子どもの誤飲を防止するために大きなサイズのブロックになっています。

普通のレゴの2つ分の大きさで、普通のレゴと接続することも可能です。私は、将来レゴを買うことを想定して、デュプロを購入しました。

私が購入したデュプロは以下のもので、たまたまトイザらスにおいていたので購入しましたが、輸入版なので普通は取り寄せになるので、amaonとかで買うととても高くなってしまいます。

以下の商品なんかもブロックの数が多くて良いと思います。私が購入したセットもそうなのですが、窓やドアがあると作るもののバリエーションが増えて華やかになると思います。花とかもついているので、これも子どもウケしますね。

メガブロックとレゴデュプロの互換性

メガブロックとレゴデュプロの互換性について、例えばこちらのサイトでも紹介されているように、しっかりとくっつきます。

私の方でも試しにどんな感じでくっつくかを掲載しておきますが、レゴデュプロ(左の緑のブロック)の4つの凸ポツが、メガブロック(右の赤いブロック)の凸ポツ1つ分にあたります。

この2つの種類のブロックは、以下の写真のとてもしっかりくっつきます。逆さにしても、もちろん外れません

メガブロックとレゴデュプロの相乗効果

上で紹介させて頂いたレゴデュプロもそうなのですが、セット1つ分だと構造物(家とかお城とか)は作れません。せいぜい窓とかドアがついた壁を作れる程度です。家とかお城を作ろうとすると、ブロックを買い足す必要があります。

一方、メガブロックは1つ1つのブロックが大きいので、構造物を作るのに適しています。しかも、上述のように5分もあればそれなりのものがでいます。でも、窓とかドアは作れません。細かい造形物に対応したものではないためです。

ということは、この2つの良いところを組み合すことができれば、窓やドアがついた大きな構造物ができるということです!

しかも、メガブロックは繋ぎ目が少し緩く設計されているので、構造物を作るとすぐに壊れてしまいますが、レゴデュプロと組み合わせることによって少し強固になります。

以下に、私がメガブロックとレゴデュプロで作ったお家の写真を掲載したいと思います。適当に組み合わせるだけでもそれなりの見た目になります。おそらく製作時間は30分もかかっていません。

メガブロックとレゴデュプロの組み合わせ例

【その①】

中にテーブルを作ってみました。窓とか風車とか花があるので、賑やかで楽しいですよね!

【その②】

周りを完全に囲ってみました。メガブロックとレゴデュプロが混ざっているのですが、見た目ではほとんどわかりませんね。

 

左の写真は、少しわかりにくいのですが、物置を作ってみたり、階段を作ったり、その先に窓を設置したりしています。右側の写真はロフトと窓を設置しています。レゴデュプロのお蔭でかなり細かいものを作れるようになっています。

子どももお風呂に入るを拒んでしまうくらい熱中して遊んでいました!アンパンマンの指人形があるのですが、それを窓や扉から入れたり出したり、テーブルの周りに並べてご飯を食べている風にして遊んでいました。

あと、こういうのを作るときは、レゴデュプロ用の板を購入することをおすすめいたします。これがあると、とても作りやすいですし、上の写真の様に、真ん中にテーブルを配置したりできます。

うちの子の2歳の誕生日に買いましたが、とても満足度の高い製品でした。みなさまも是非お試しください!

以上、ご参考になりましたら幸いです!

スポンサーリンク
Simplicityのレクタングル広告(大)
Simplicityのレクタングル広告(大)

読んでいただきありがとうございます!よろしければシェアお願いします!

よろしければフォローもお願いします!(最近Instagram始めました♪)